みなさま

こんばんは。

いま淡路島です。
神戸の街の夜景を見ながら、母と二人ならび、ハイウェイオアシスでひとつのラーメンをわけて食べています。

徳島から帰る途中に立ち寄りました。

澄み渡る晴れた空、懐かしい阿南の土地、とても新鮮に感じました。


今年は年5回高槻の原にて、ことほぎ円坐をひらきます。

わたしにとって、原は、阿南の風景につながっています。

今週の24日水曜日、
こやまさんの節句料理をいただき、
七草円坐をひらきます。

どうぞお待ちしております。
 

 松岡弘子


≪ ことほぎ円坐 ~ 七草・桃・菖蒲・七夕・菊の円坐 開催要項 ≫

 ◆ 日時 : 2018年1月24日・3月7日・5月17日・7月19日・9月6日

       11:30~13:30 こやまさんの五節句料理

       13:30~16:00 円坐の時間

◆ 場所:大阪府 高槻市 原の民家

◇ 円坐守人 : 1~7月 松岡弘子
        9月 橋本久仁彦・松岡弘子

◇ 各回参加費:五節句料理2,000円
           円坐1,500円

◇ 各回・全回 参加申込み・お問合せは soumon.enza@gmail.com 松岡まで

◆◇ 案内文 ◇◆

 みなさま

このたび「こやまさんちのお台所」とコラボ企画で、高槻市原地区におきまして、

2018年の新春より秋まで年5回五節句のお祝い料理をいただき円坐をひらかせていただきます。
 
  「七草円坐」 2018年 1月24日
  「桃の円坐」 2018年 3月07日
  「菖蒲円坐」 2018年 5月17日
  「七夕円坐」 2018年7月19日
  「菊の円坐」 2018年9月06日

  ・11:30~13:30  お食事の時間
  ・13:30~16:00  円坐の時間

  ※ 七草・桃・菖蒲・七夕の円坐守人は、松岡弘子。

  ※ 菊の円坐守人は、橋本久仁彦さんと松岡弘子が守人をつとめます。

  ・・・

【五節句とは】

  一月 人日の節句
  三月 上巳の節句
  五月 端午の節句
  七月 七夕の節句
  九月 重陽の節句

 ~ 現在では桃の節句や端午の節句・七夕さんなど庶民にとって馴染みの深い祝祭の日となっています~

 中国唐の時代、季節の変わり目を節(せつ)と呼び、

 神や鬼に食べ物を供えたという意味で、節供ともいわれたそうで、

 式日として日本の宮中や幕府の行事として伝わってまいりました。

  ・・・

大阪府高槻市山間部原地区で昨年から活動をスタートされた、

 『こやまさんちのお台所』を主宰されています、小山千郁さんに、

 五節句のお祝い料理を作っていただきます。

(おばんざい九品、ご飯、手作り味噌お味噌汁、自家製野草茶)

この五節句のお料理づくりは、

 味噌づくりや梅仕事とならんで小山さんのライフワークとなっています。

 「こやまさんちのお台所」の活動名にもあります「お台所」という言葉は、

 料理を作る厨房というような意味が現在は強くなりましたが、

もともとは民家の囲炉裏のある居間や土間の奥まった場所を、

 「お台所」と呼んでいたそうで、まさに生活の中心の場でした。

 思い出の景色やふるさとの風景、

そして誰かの面影であったり、名残りであったり、

 向き合って見合い、辿り辿られ、刻み刻まれながら、

やがて、姿が向こうから照らされあらはれてまいります。

この世のなごり、夜もなごり。

 原の田園風景やふところのおおきな空をゆっくり愛でながら、

お料理をご一緒にいただき、この世をことほぎ、円坐をひらいてまいります。

 関心のある方は、いちどお問合せください。

どうぞ、お待ちしております m(_ _)m

松岡弘子



<< 人日の節句 玉手箱御膳  作り手:こやまさんちのお台所 小山千郁さん >>
 
IMG_9434

IMG_9442

IMG_9447

IMG_9450

IMG_9436

IMG_9437

IMG_9451

IMG_9452

IMG_9455

IMG_9454

IMG_9456

IMG_9453

IMG_9458

IMG_9472
    原の風景 / 神峯山の麓から               2018.1.24