皆様へ。

 

 

 

友に西田幾多郎氏の本を差し上げました。

 

すると以下の文言を抜き出してご感想をくださいました。

 

 

 

『現実の世界とは物と物との相働く世界でなければならない。』

 

 

 

『現実の形は物と物との相互関係と考えられる、相働くことによって出来た結果と考えられる。

 

しかし物が働くということは、物が自己自身を否定することでなければならない、

 

物というものがなくなって行くことでなければならない。』

 

 

 

『故に私は現実の世界は絶対矛盾的自己同一というのである。』

 

 

 

「影舞・未二観・円坐・縁坐舞台ならば、

 

絶対矛盾的自己同一は、

 

この世と彼の世の消息的相聞(対話)でしょうか・・」

 

 

 

 

 

哲学者の言葉ですから難しい言葉だと言えるのですが、影舞や未二観の稽古の中で圧を高めて読むと、

 

親しく身に覚えのある、腑に落ちる表現に変わります。

 

言葉は二度生まれるのですね。

 

 

 

一度目は知的に、平面的に見える言葉として現れます。

 

同じ言葉が二度目には、この世の現実よりもリアルに、奥行きを伴って、「出て」来ます。

 

知的にしか出会えなかった言葉に「身」が伴うのです。

 

 

 

それは知的な記号としてのコトバの読み手だった我々が、

 

身体的な詩(ウタ)としての言葉の「詠み手」に生まれ変わることでもあります。

 

 

 

円坐や未二観の道行きの中で、これらの言葉がスルスルと景色になってきて面白く思います。

 

しかしそうでなければこの道を往く甲斐もありません。

 

西田幾多郎は「彼の世」の人ですが、今もその言葉に息づく彼の「消息」は、この世の日常のコトバよりも、

 

はるかに実在感を伴って届いて来るのです。

 

 

 

相聞とは思い合い、乞い合うことですが、彼此に絶対的に別れた者同士の 「矛盾的恋の成就」 でもあるのだと思います。

 

この彼此の恋は絶対実らない。不可能である。だからこそ、「もうすでに実っている」 と言える確かな文法があります。

 

 

 

昨日ある人の消息を辿りながらふと、未二観に基づく 「未二カウンセリング」 があってもいいなと思いました。

 

 

 

以前行っていた人間中心主義のカウンセリングでは、「自己一致」や「自己肯定」を目標として掲げていましたが、

 

未二カウンセリングでは、「自己が自己に背いてこそ自己」と掲げます。

 

 

 

春のお彼岸円坐(彼岸タクシー)をご案内いたします。

 

 

 

 

 

       未二カウンセラー・彼岸タクシー乗務員   橋本久仁彦

 

 

 

 

 

 

 

皆様

 

 

 

こんばんは。

 

 

 

令和最初の春の彼岸に、

 

「春のお彼岸円坐」を開催いたします。

 

 

 

日頃心の友の書簡を持ち歩いています。

 

手紙を書簡と言ったり消息と言ったりしますが、

 

ふと、万葉集の相聞歌みたいだなと思いました。

 

 

 

そのお便りのなかには、

 

<<この世>> <<彼の世>>について、

 

そしてこれらの二つの世の『境界』について、

 

吟味を重ねに重ねた素晴らしい図があります。

 

 

 

消えざるものはただ誠のみ、と申しますが、

 

この友の冴え渡る野生の智慧深い「識」は、

 

<<彼の世>> にいこうと消えないと思います。

 

 

 

<<この世>><<彼の世>>の『境界』は、

 

「華」であり「様」であり「無垢」であり、

 

・時間の薄くなった空間性

 

・生き返りのときであり目覚めのときである、

 

と、潔活に書かれており、

 

※ 往来 往復 往還することは、すなわち、

 

より深く豊かな人生への期待ではなかろうか?

 

という考察で、最後はしめくくられています。

 

 

 

昨年はしもとさんと箕面萱野でひらきました、

 

その円坐茶堂の如く、

 

見事な友の誠眼に私の眼は見開くばかりです。

 

 

 

さて、

 

この世と彼の世を見渡す境界にこの身を置く、

 

彼の世界の反映なるところの舞台、彼岸円坐。

 

 

 

まさに虚構の世界と実質の世界の境界であり、

 

それは、まさしく縁坐舞台の位相です。

 

 

 

お気持ちがある方はどうぞご一緒に、

 

地元高槻安岡寺町名物巻き浪漫を携えた彼岸タクシー「オデッセイ」にご乗車下さい。

 

 

 

目的地は未定。

 

 

 

お彼岸円坐は、基本ミステリーツアーです。

 

 

 

ちなみに、

 

昨年のお彼岸は高槻駅のある白梅町を出発し、

 

一行雨のふる中かぐやおとくにの洛西界隈へ、

 

柳谷観音、光明寺、菜花畑、角宮神社、竹林など

 

気の向くまま、一期一会の彼岸旅をしました。

 

 

 

ではこの身このままでどうぞお越し下さい。

 

 

 

この春の彼岸のご縁、

 

心よりお待ち申しております。

 

 

 

春のお彼岸円坐 守人 松岡弘子

 

 

 

 

 

<< 春のお彼岸円坐 開催要項 >>

 

 

 

◇ 日時 令和2319 () 1019

 

◇ 集合JR高槻駅

 

◇ 解散JR桂川駅

 

◇ 参加費 一万円

 

◇ 募集人員 4人 (現在 残3席です)

 

◇ 守人 橋本久仁彦さん・松岡弘子

 

◇ 主に道中車での移動となります。

 

◇ お昼は軽食をご用意いたします。

 

◇ お申込み・問合せ <mailto:soumon.enza@gmail.com> soumon.enza@gmail.com 松岡まで





IMG_2554